上海不動産 上海賃貸なら エイブル上海|able shanghai

上海の住宅情報

上海に住む外国人の住宅事情は?

(1) 外国人向けマンション(サービスアパートメント)
上海に住む日本人を含む多くの外国人は、外国人向け住宅(マンション、戸建住宅)に住んでいます。外国人向け住宅とは、快適な住宅環境を実現させた高級マンションのニとを言います。
管理及び運営主体が香港・シンガポール・日系ディベロッパーなど企業体の場合が多く、セキュリティーやメンテナンス、サービスがしっかりしていて、衛星放送やシャトルバスの運行、公共料金の支払などができます。
特にサービスアパートメントと呼ばれるものはホテルのようにハウスキーピングやクリーニングのサービスを行っていて、英語や日本語でサービスが受けられるのが特徴です。またジムやプールなどの施設が設けられているのがほとんどです。

(2) ホテル式サービスマンション(酒店式公寓)について説明します
日本では不動産業とホテル業の規制が厳しく、マンションの短期賃貸については一定期間以上の賃貸しか認められていません。
中国では「自分の所有マンションをどのくらいの期間で貸すかは所有者の自由」という考えから、短期賃貸に関する規制はありません。そこでここ数年増加してきたのが「酒店式公寓」です。
「酒店」とは中国でホテルやレストランのことを言います。建物の用途は「住宅」で室内には家具やアメニティグッズ、タオルなどのリネン類をそろえ、キッチン付きのマンションでありながらホテル式のサービスが受けられるのが特徴です。ホテル式なのはサービスだけではなく、宿泊も1泊から可能です。
上海市内は年々ホテルの数は増えていますが、それ以上に利用者が急増しています。そのため宿泊料が高騰してきており、ホテルより長期滞在に適した酒店式公寓が利用されてきています。

(3) 一般マンション
中国の一般的なマンションは分譲式のものが多く、不動産会社の仲介によって探すのが普通です。
外国人向けの物件に比べて安く、また市の中心部に住めるメリットがあります。但し、設備に見劣りがする、言葉が通じない、セキュリティに不安があるなどの難点もあります。
利用者は留学生や現地採用者が中心。ただ、最近では質のよい物件も増えてきていて、駐在員の方の利用も目立ってきました。
価格によってランクに差があるので、必要に応じた物件探しと交渉が重要になってきます。また、オーナーの人柄は、生活の快適さを左右する重要な点になります。